道路交通法改正による自転車のルール変更

ページ番号1002780  更新日 令和2年3月17日

印刷大きな文字で印刷

(1)道路右側(路側帯)の自転車通行が禁止されました。

改正前は自転車等の軽車両は、歩道がない道路の左側にある路側帯と右側にある路側帯のどちらも通行することができましたが、改正後は左側の路側帯に限られます。
右側の路側帯を通行した場合は、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科されます。

(2)ブレーキに不備のある自転車には、警察官による指導が強化されました。

警察官は、ブレーキを備えていない自転車が通行しているときは、自転車を停止させて、検査できるようになりました。さらに、危険を防止するために応急措置を命じ、応急措置では安全を確保できない場合は、運転しないよう命ずることができるようになりました。
検査拒否、応急措置命令等違反の場合は、5万円以下の罰金が科されます。
その他、無免許運転等の罰則強化、無免許運転ほう助行為に対する罰則が新設されました。
注:詳しくは、群馬県警察のホームページをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 地域づくり課
〒376-8501 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:383 ファクシミリ:0277-43-1001
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。