企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)について

ページ番号1018756  更新日 令和3年4月30日

印刷大きな文字で印刷

地方創生の更なる充実・強化に向けた財源の確保を図るため、企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)制度を活用した寄附を募集します。
桐生市ならではの地方創生に力をお貸しください!

制度の概要

国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除する仕組みです。
寄附額の約9割が税控除により軽減され、実質的な企業負担は約1割まで圧縮されます。

控除割合

寄附のメリット

  • SDGsの達成など、社会貢献としてのPR効果
  • 地方公共団体との新たなパートナーシップの構築
  • 地域資源などを生かした新事業展開

市と企業が新たなパートナーシップを構築する図。

SDGsの目標のロゴ

留意事項

  • 1回あたり10万円以上の寄附が本制度の対象となります。
  • 寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。
  • 本社が桐生市内にある企業が桐生市へ寄附する場合は、本制度の対象となりません。
    ※本社とは、地方税法における「主たる事務所または事業所」を指します。

寄附の手続き

1.寄附のお申し出

  • 寄附申出書に必要事項を記入の上、持参、郵送または電子メールでご提出ください。
  • 押印は不要です。
  • 複数の事業に寄附をいただける場合は、事業ごとに寄附申出書をご提出ください。

2.寄附の払い込み

  • 本市から納入通知書をお送りしますので、下記の取扱金融機関でお手続きをお願いします。
  • 下記の金融機関がお近くにない場合は、振込口座情報をお知らせしますので、口座振込をお願いします。この場合、振込手数料のご負担が生じます。

【取扱金融機関】

足利銀行、桐生信用金庫、群馬銀行、東和銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、横浜銀行、新田みどり農協、しののめ信用金庫、中央労働金庫、群馬みらい信用組合の各本・支店

3.税の申告

  • 入金の確認ができましたら、受領証を郵送致します。
  • 受領証の写しを添えて、税の申告手続きをしてください。詳しくは、管轄の各税務署、都道府県税事務所、市区町村の課税担当課へお尋ねください。

対象事業

寄附を募集している事業(令和3年度)

桐生が岡動物園レッサーパンダ舎整備事業(市制施行100周年記念事業)

新たにレッサーパンダを導入するため、獣舎を建設します。獣舎は、様々な角度から間近でレッサーパンダの生態が観察できる立体展示とすることで、動物園の魅力向上を図り、交流人口・地域への経済波及効果の拡大につなげます。

レッサーパンダの写真

SDGsのロゴ。8番、11番、15番、17番。

日本遺産めぐりスタンプラリー事業(市制施行100周年記念事業)

群馬県公式アプリ「きぬめぐり」を活用し、日本遺産「かかあ天下ーぐんまの絹物語」の市内にある構成文化財(6件)を中心にめぐる桐生市版のスタンプラリーを実施します。

市内にある日本遺産の写真

SDGsのロゴ。11番、17番。

桐生が岡遊園地事業

桐生市を代表する観光スポット、娯楽施設として、入園者が安全で快適に楽しめるよう、遊具などの園内整備を行い、遊園地の魅力向上を図ります。

桐生が岡遊園地の写真

SDGsのロゴ。8番、11番、17番。

桐生が岡動物園事業

桐生市を代表する観光スポットであり、市民の憩いの場でもある桐生が岡動物園について、入園者が快適に楽しめるとともに、動物にとっても快適な環境になるよう、獣舎などの園内整備を行い、動物園の魅力向上を図ります。

桐生が岡動物園にいるライオンの写真

SDGsのロゴ。8番、11番、15番、17番。

その他の事業も寄附の対象となる場合がございますので、お気軽にご相談ください。

関連資料

PDF形式のファイルを御利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

共創企画部 企画課
〒376-8501 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:524 ファクシミリ:0277-43-1001
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。