特定個人情報保護評価書の公表

ページ番号1005609  更新日 令和3年2月24日

印刷大きな文字で印刷

特定個人情報保護評価とは

特定個人情報保護評価とは、特定個人情報ファイルを保有しようとするまたは保有する国の行政機関や地方公共団体等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で、特定個人情報の漏えい、その他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。

評価の対象

評価の対象は、特定個人情報保護ファイルを取り扱う事務となっており、評価の対象となっている事務は公表することが義務付けられています。
(ただし、職員の人事、旧与党に関する情報を記録した特定個人情報ファイルのみを取り扱う事務、手作業処理用ファイル(紙ファイルなど)のみを取り扱う事務、対象人数の総数が1,000人未満の事務等については特定個人情報保護評価の実施が義務付けられていません。)

評価書の公表

マイナンバー保護評価Webをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 DX推進室
〒376-8501 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:635 ファクシミリ:0277-43-1001
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。