若者インフルエンサー魅力発信事業

ページ番号1019685  更新日 令和3年11月17日

印刷大きな文字で印刷

この事業は、若者が同世代に向けて彼らが魅力的に感じる情報を発信することで、若者たちの行動に変化を起こすことが狙いです。
そこで、この事業では、若者が気軽に使う代表的なSNSであるインスタグラムを利用し、ターゲット(対象者)を明確にしたうえで、同世代向けのおすすめスポットや周遊コースなどを提案します。

事業の概要

目的

  1. 桐生の魅力を発信し、若者の関心を高め、桐生に来てもらうきっかけをつくる。
  2. 魅力を発信していくなかで、桐生への愛着を高め、関係人口の増加につなげる。

ターゲット

  1. 市内の大学生、大学院生、短大生、高等専門学校生、専門学校生
  2. 桐生市に関心のある中学・高校生
  3. 市外在住の16歳から24歳までの人

発信内容

インスタグラムで「桐生CHARM(@kiryu_charm)」(キリュウチャーム)というアカウントを運用し、桐生市の魅力を発信する。

こんなスポットを紹介しています!

投稿内容の一例
投稿例1 投稿例2

詳しくは、インスタグラムアカウントをご覧ください。

取り組みの経緯

きっかけは学生団体との出会い

市のシティブランディングを進めるなか、学生団体Yield(イールド)と出会いました。
「まちと学生の関係」「若者に認知されない桐生の魅力」など彼らが感じる課題に対し、若者ならではの視点で解決に取り組もうというのがこの事業のきっかけです。

彼らのギモン

  1. 桐生には様々な場所や文化などがあるのに、県内の人にすら認識されていない。
  2. 大学への通学などを機に桐生に来ても、知らないまま卒業してしまう。
  3. 桐生には若者をひきつける魅力が「存在しない」のではなく、「知られていない」だけ。
  4. 若者にもっと届きやすいカタチで、桐生の魅力を発信すればいい。

この取り組みに対する思い入れ

「@kiryu_charm」というアカウントの名称は、桐生の魅力や人をひきつける、という思いを込めました。
活動を通して知ったのは、桐生の人は温かい人たちばかりだということ。そして、「ぜひ若い人に来てほしい」と思っているということ。なので、この活動を続けることで、「『桐生CHARM』を見てお客さんが増えたよ!」という言葉が聞けたら、一番嬉しいですね。皆さんも、おすすめスポットがあれば、ぜひDM(※)お待ちしています!

※「DM」とは、インスタグラムの利用者間で直接メッセージのやり取りができる機能です。

【参考】シティブランディングとは

この事業は、平成31年3月に作成された「桐生市シティブランディング戦略」に基づき実施される取り組みです。
シティブランディングは、桐生市の「まちの価値」、そして「まちの評価」を高めようとすることをより重視しています。
「まちの価値」を実感している人たちの様子や発信する情報は、魅力的に感じられ、それらに接した人たちの「まちの評価」は自ずと高まります。魅力あるまちとは、日々充実して輝く人々がいるまち。100年後もそんなまちであり続けるための取り組みが、シティブランディングです。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

共創企画部 魅力発信課
〒376-8501 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:505 ファクシミリ:0277-43-1001
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。