重伝建地区公開活用施設(まちなか交流館) 施設案内

ページ番号1023671  更新日 令和6年7月17日

印刷大きな文字で印刷

バリアフリー対応状況:

  • AEDがあります
  • アイコンの説明(新しいウィンドウで開きます)

桐生市重伝建地区公開活用施設(まちなか交流館)

重伝建地区公開活用施設(通称 まちなか交流館)東側からの外観写真

桐生市重伝建地区公開活用施設について

桐生市重伝建地区公開活用施設(通称:まちなか交流館)は、桐生市桐生新町伝統的建造物群保存地区(以下「保存地区」という。)のほぼ中央に所在する伝統的建造物等を保存し、かつ、その活用を図り、もって地域住民の文化的向上に資するとともに、保存地区のにぎわい及び交流を創出し、かつ、広くその魅力を発信するため、保存地区の拠点となる施設です。
また、保存地区内の建造物の修理、新築、耐震、補助金、空き家、空き店舗などの相談を受け付けます。

保存地区が、国から重要伝統的建造物群保存地区に選定された日が平成24年7月9日であったことから、まちなか交流館の開館日を令和6年7月9日としました。

概要

まちなか交流館(旧眞尾(ましお)邸)は、桐生新町の織物業を営んできた代表的な屋敷形態(店、工場、住居、蔵などが一体となった屋敷形態)を留め、敷地と建物が一体となった歴史的環境を構成している伝統的建造物の一つであり、桐生の織物業の繁栄と往時の姿を残し、桐生新町の伝統的建造物の特徴や魅力を身近に伝えることができる建物です。

建物は明治初期の建築であり、構造および面積については、木造2階建(店、主屋、蔵)、瓦葺き、延べ床面積324.22平方メートル、敷地面積1,720平方メートルです。

所在地
桐生市本町一丁目7番4号
電話
0277-22-1122
開館時間

午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日

火曜日、祝日の翌々日および年末年始(12月28日から翌年1月4日まで)

注:上記以外の休館日については、下記「開館予定カレンダー」をご覧ください。

駐車場

イベントなどの催物が未開催の時のみ、多目的広場を利用できます。
催物開催時は、プロムナード三番街パーキング(本町三丁目駐車場)など、近隣の駐車場をご利用ください。
なお、大型車の駐車を希望される場合は、下記「桐生市観光バス駐車場」のページをご覧ください。
注:観光バス駐車場についてのお問い合わせは、桐生市観光情報センターへお願いいたします。
(桐生市観光情報センター「シルクル桐生」 電話:0277-32-4555)

利用方法

施設の見学は無料です。

また、施設内の「座敷」・「奥座敷」・「会議室」および「多目的広場」(屋外)を有料で貸し出します。

【貸出時間】 午前9時から午後5時まで
注:14日前までに申請された場合、午後9時まで貸出可能となります。

使用申込

施設使用の申し込みは、電話または窓口にて、3か月前から受け付けています。

注:当該月の1日から申し込むことができます。例えば○月15日のご利用の場合でも、○月1日から申し込みできます。

使用料金
下記「施設使用料」のファイルをご覧ください。
施設からのお知らせ
使用料のお支払いに桐生市電子地域通貨「桐ペイ」が利用できます。(アプリのみ対応)
お問い合わせ

施設の空き状況や料金についてなど詳細については、まちなか交流館にお問い合わせください。

(電話:0277−22−1122)

イベント情報

第1回企画展示として、令和6年7月9日(火曜日)から令和6年9月30日(金曜日)まで「“ジュウデンケン”って、なに?」を開催しています。

桐生新町重伝建地区内の主な建物の紹介や、期間限定でジオラマ展示も行います。

年間開館予定
AED設置場所

事務所保管

配置図

まちなか交流館敷地建物配置図
まちなか交流館 敷地・建物配置図

アクセス

バスでお越しの場合
おりひめバス中央幹線、梅田線「本町二丁目」バス停前

地図

重伝建地区公開活用施設(まちなか交流館) 施設案内の地図

注:地図上のバス停アイコンを選択すると、通過するバスの路線名、時刻が表示されます。

PDF形式のファイルを御利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

産業経済部 日本遺産活用室
〒376-8501 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:346・347 ファクシミリ:0277-43-1001
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。