木造住宅の耐震診断及び耐震改修補助

ページ番号1013481 

印刷大きな文字で印刷

(※令和4年度の募集は終了しました。)

令和4年度木造住宅の耐震化事業について

近年では、新潟県中越地震(平成16年10月)、東日本大震災(平成23年3月)、熊本地震(平成28年4月)、大阪府北部地震(平成30年6月)による多大な犠牲が出ており、また南海トラフ地震や首都直下型地震の切迫性が指摘される中、地震対策の緊急性が一層高まっております。

本市では、平成20年1月に「第1期桐生市耐震改修促進計画」を策定しましたが、法改正や社会情勢の変化、また本市の耐震化の進捗状況を踏まえ、令和3年3月に第3期桐生市耐震改修促進計画を改め、令和7年度までの住宅耐震化率の目標を85%に設定しました。

そこで、市民の皆様に住宅の耐震化を進めていただくために、木造住宅を対象に木造住宅耐震診断技術者を派遣し無料で耐震診断(一般診断)を行います。診断後は、診断結果をお知らせいたします。

また、耐震診断(一般診断または精密診断)の結果、耐震性能の低い住宅には耐震改修工事に係る工事費等の補助を行います。ご自宅の耐震化のためにご活用ください。

事業の内容については下記の各リンク先をご覧ください。

耐震改修工事に対する税制優遇

詳細については下記の各リンク先をご覧ください。