涌丸獅子舞「ささら舞」

ページ番号1002104  更新日 平成28年3月7日

印刷大きな文字で印刷

写真:獅子舞の頭部を被った和装の男性たちが社の前で踊っている様子

写真:写真:獅子舞の頭部を被り、緑色の服の男性たちが踊っている様子

指定年月日
平成11年3月30日
区分
市指定重要無形民俗文化財
所在地
黒保根町上田沢326(医光寺)

江戸期(安永年間)の導入とされており、無病息災、五穀豊穣を祈った舞です。「ささら」という名称の和楽器を用いたことから「ささら舞」と呼ばれています。現在は、「涌丸獅子舞保存会」の有志により保存され、地元の八坂神社、医光寺内の赤城神社にて奉納されています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。