成人男性の風しん抗体検査および定期予防接種

ページ番号1015432  更新日 令和4年4月13日

印刷大きな文字で印刷

風しん追加的対策の延長について

風しん追加的対策が延長されました。
検査を受けていない方にもう一度クーポン券をお送りします。

対象

昭和37年4月2日〜昭和54年4月1日生まれの男性

クーポン券の有効期限

令和5年3月31日

クーポン券の発送予定

令和4年5月中旬

事業の概要

この事業(風しん追加的対策)の対象者は、過去に公的な風しん予防接種を受ける機会がなかったため、抗体保有率が他の年代に比べ低いと言われている方たちになります。
そのため、抗体検査を受けていただき、その結果で必要な方には予防接種を受けていただくという事業です。
この事業は、令和元年度から3年間実施していましたが、利用率が低かったため実施期間を延長することになりました。

令和4年4月現在で過去にクーポンの利用が確認できなかった方に再度クーポン券をお送りします。
受検済みの方に行き違いで発送された際はご容赦ください。
なお、この事業を2回利用することはできませんので、十分にご注意ください。

抗体検査および予防接種の受け方

  1. 医療機関や健診実施機関などで抗体検査の予約をする。
  2. 抗体検査を受ける。(無料)
    持ち物 クーポン券と本人確認書類
  3. 結果を聞く。(または結果を受け取る)
    抗体が十分にある方は、これで終了です。
    抗体が十分になかった方は、4へ。
  4. 医療機関等で予防接種の予約をする。
  5. 予防接種を受ける。(無料)
    ワクチンは「麻しん風しん混合ワクチン」です。
    持ち物 クーポン券と本人確認書類

抗体検査の実施場所

  • 本事業に参加している全国の医療機関、検診機関等で受けられます。
  • 以下の実施医療機関一覧または外部リンク先をご確認ください。
    (桐生市・みどり市以外の医療機関をご希望の場合は、厚生労働省ホームページ「風しん追加的対策」をご確認ください。)
  • 抗体検査は、事業所健診や特定健診の機会に同時に受けることもできます。
  • 事業所健診の方は、勤務先の企業にお問い合わせください。
  • わたらせ健診と同時に受けられます。

予防接種の実施場所

  • 本事業に参加している全国の医療機関等で受けられます。
  • 以下の実施医療機関一覧または外部リンク先をご確認ください。
  • 予防接種は、当日の体調や基礎疾患等で受けられない可能性もあります。また、接種後、副反応が発生するおそれもありますので、必ず医師と相談してください。

風しんの追加的対策のポイント

対策の必要性について

風しんは、感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他人にうつる、感染力が強い感染症です。妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害が出ること)になる可能性があります。大人になって感染すると無症状〜軽症のことが多いですが、まれに重篤な合併症を併発することがあります。また、無症状でも他人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

クーポン券について

  • クーポン券は、抗体検査用と予防接種用がセットになっている受診券です。抗体検査や予防接種を受ける際に、医療機関や健診機関等に提出してください。
  • クーポン券がないと、無料で抗体検査や予防接種を受けることができません。
  • 新しいクーポン券が届くまでの間、古いクーポン券も使用できます。
  • 桐生市から転出した場合は、使用できなくなります。転出後に希望される場合は、転出先の市区町村にお問い合わせください。
  • クーポン券を紛失した場合や、桐生市外から転入した場合は、クーポン券を再度発行いたします。健康長寿課成人保健係にお問い合わせください。
    お問い合わせ先:健康長寿課成人保健係 電話:0277-46-1111(内線268)

PDF形式のファイルを御利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康長寿課
〒376-8501 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:556 ファクシミリ:0277-45-2940
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。