手足口病にご注意ください

ページ番号1000813  更新日 令和2年5月13日

印刷大きな文字で印刷

「うつらない」「うつさない」ための取り組みの徹底をお願い致します。

子どもの感染に注意

5歳以下の子どもの感染報告が多い病気ですので、予防と発症時の対応にご注意ください。

関連情報

詳しくは下記のページをご覧ください。

感染経路は

飛沫感染、接触感染、糞口感染(便に排出されたウイルスが口に入って感染すること)です。そのため、保育園や幼稚園で、集団感染が起こりやすくなります。

症状がある時には

  • 医療機関を受診し医師の指示に従ってください。
  • 水分と十分な休養を取りましょう。

予防・注意することは

  • 手指は石けんと流水でよく洗いましょう。
  • プールでのタオルの共用はやめましょう。
  • 症状がある人は自宅でもタオル等を共用しないようにしましょう。
  • おむつは適切に処理し、その後はしっかりと石けんと流水で手洗いをしましょう。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療保険課
〒376-8501 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:258 ファクシミリ:0277-45-2940
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。