インフルエンザ情報

ページ番号1001316  更新日 令和2年5月22日

印刷大きな文字で印刷

インフルエンザの感染予防

人混みでのマスク着用や、こまめな手洗い、咳エチケットを実施してください。

手洗いの方法

正しい手洗いのイラスト

時計など身につけているものはなるべく外し、石けんを使って流水で手を洗いましょう。
また、エタノール製剤による手指消毒もインフルエンザ予防には効果的です。

  1. 手のひらを合わせて、よくこすりましょう(15秒以上)
  2. 手の甲を伸ばすようにこすりましょう
  3. 指先、爪の間をよくこすりましょう
  4. 指の間を洗いましょう
  5. 親指を手のひらでねじり洗いしましょう
  6. 手首も忘れずに洗いましょう
  7. 流水で泡と汚れをきれいに洗い流しましょう
  8. ペーパータオルまたは個人専用のタオルで十分に拭き取りましょう

咳(せき)エチケット

マスクをせずに咳やくしゃみをすると、ウイルスが2~3メートル飛ぶといわれています。

  1. 咳やくしゃみをするときは、周囲の人からなるべく離れましょう
  2. 他の人から顔をそらせ、ティッシュなどで口や鼻を覆いましょう
  3. 使ったあとのティッシュは、できれば蓋つきゴミ箱にすぐに捨てましょう
  4. 咳やくしゃみを手でおさえたり、鼻をかんだときは、手を石けんで丁寧に洗いましょう
  5. 咳やくしゃみが出ているときは、マスクを着用しましょう(使用後のマスクは放置せず蓋つきゴミ箱に捨てましょう)

医療機関へ行くとき、外出するとき

発熱や咳などのインフルエンザ様症状のある人は、早目に医療機関に電話して受診してください。受診の際には、必ずマスクを着用してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療保険課
〒376-8501 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:258 ファクシミリ:0277-45-2940
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。