仕事始めの式における市長コメント

ページ番号1017949  更新日 令和3年1月4日

印刷大きな文字で印刷

明けましておめでとうございます。
職員の皆様におかれましては、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。

元日恒例のニューイヤー駅伝は、コロナ禍により規模が縮小されたものの、多くの皆様のご協力により、安全に執り行うことができました。心よりお礼を申し上げます。

さて、今年、令和3年は、本市において市制施行100周年・水道創設90周年の記念すべき年であります。依然、収束の見通しの立たないコロナ禍にはありますが、この節目を市民の皆様とともに祝い、新たな100年に向けた明るい未来を描けるまちを目指し、様々な事業を実施してまいります。新川公園ほか市内5カ所を会場とする「花と緑のぐんまづくり2021in桐生 ふるさとキラキラフェスティバル」や、市民文化会館を会場とする子どもたちの職業体験イベント「ミニきりゅう」の開催、12月の完成を目指す「未来へはばたけ 山田製作所桐生が岡動物園」のレッサーパンダ舎新設などが予定されています。

そして、今年も、桐生の潜在能力を最大限に引き出しながら、総合計画に定める将来都市像「感性育み 未来織りなす 粋なまち桐生」を、市民の皆様と共に感じ、共に創ってまいりたいと考えております。

しかしながら、昨年12月31日未明、教育委員会事務局職員が、本町5丁目地内で酒気を帯びた状態で車を運転し、道路交通法違反で逮捕されるという絶対にあってはならない事態が発生しました。
大変遺憾であり、強い憤りを感じております。
交通事故やもらい事故などと違い飲酒運転は自分の意思で止めること、回避することができます。
今回の行為は公務員として、社会人としての倫理観やモラルが全く欠如していたと言わざるを得ません。弁解の余地は全くありません。

ついては、こうした事態が今後、絶対に、二度と起こらないよう、服務規律の確保、綱紀粛正の徹底を図るとともに、公務員は全体の奉仕者であることを改めて自覚し、失われた信頼を一日も早く取り戻すために全職員が一丸となって職務に精励し、市民サービスの向上に努めていただくことを強く要請し、あいさつといたします。

令和3年1月4日
桐生市長 荒木恵司

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

秘書室
〒376-8501 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:512 ファクシミリ:0277-43-1001
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。