中小企業信用保険法第2条第5項第5号に基づく認定(セーフティネット保証5号)

ページ番号1002462  更新日 令和6年1月4日

印刷大きな文字で印刷

セーフティネット保証5号

(全国的に)業況の悪化している業種に属する中小企業者を支援するための措置です。

認定要件

中小企業信用保険法第2条第5項第5号の規定による経済産業大臣の指定を受けた業種(指定業種)に属する事業を行う中小企業者であって次のいずれかに該当すること。

対象者

  • 法人の場合(本店登記または事業実態のある事業所の所在地が桐生市であること)
  • 個人の場合(事業実態のある事業所の所在地が桐生市であること)

認定基準

5号(イ)売上高等の減少

  • 最近3か月間の売上高等が前年同期の売上高等に比して 5%以上減少していること。

  様式5-(イ)-(1)、(2)、(3)を使用

  • (新型コロナウイルス感染症による運用の緩和)最近1か月間の売上高等が前年同期※に比して5%以上減少し、かつその後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期※に比して5%以上減少することが見込まれること。

  様式5−(イ)-(4)、(5)、(6)(新型コロナウイルス感染症による緩和様式)を使用

 ※新型コロナウイルス感染症による緩和様式の場合、比較対象の「前年同期」とは、同感染症の影響を受ける直前同期(前々年等)をいう。

5号(ロ)原油等価格上昇

  • 原油価格の上昇により、製品の製造もしくは加工または役務の提供に係る売上原価の うち20%以上を占める原油または石油製品の仕入価格が20%以上上昇しているにもかかわらず、物の販売または役務の提供の価格(加工賃を含む。)の引き上げが著しく困難であるため、最近3か月間の売上高に占める原油等の仕入価格の割合が、前年同期の売上高に占める原油等の仕入価格の割合を上回っていること。

  様式5-(ロ)-(1)、(2)、(3)を使用

指定業種の確認方法

  1. 日本標準産業分類において、該当する業種を特定する。
  1. 該当業種が属する細分類番号を特定する。(4桁の番号)
  2. 指定業種リスト「セーフティネット保証5号の指定業種」に細分類番号があるか確認する。

認定に必要な書類

申請書に記載する数字の算出根拠となる資料を必ず添付してください。

5号(イ)売上高減少

  1. 申請書2通
  2. 申請書(イ)の添付書類
  3. 確定申告書の写し(法人は法人税確定申告書、個人は所得税確定申告書)
  4. 決算報告書の写し(個人は青色申告決算書)
  5. 最近3か月の売上高等が分かる書類(帳簿、試算表、売上台帳などの写し)※新型コロナウイルス感染症による緩和様式(最近1か月の実績とその後2か月の見込みにより算出)を使用する場合は最近1か月売上高等が分かる書類
  6. 前年(ただし新型コロナウイルス感染症による緩和様式を使用する場合は比較年)の月別売上高等のわかる書類(法人事業概況報告書、青色申告決算書などの写し)
  7. 今後2か月の売上高等の見込み(月別に記載。事業者、会計士いずれかの押印が必要)※新型コロナウイルス感染症による緩和様式を使用する場合のみ
  8. 不況業種を営んでいることが確認できる書類(決算書、確定申告書、履歴事項全部証明書の写し、会社のカタログなど)
  9. 委任状(金融機関の担当者が代理で申請する場合)

5号(ロ)原油価格の上昇

  1. 申請書2通
  2. 申請書(ロ)の添付書類
  3. 不況業種を営んでいることが確認できる書類
    【商業登記簿謄本の写し、直近の決算書、確定申告書(個人)等】
  4. 最近1か月及び前年同期1か月の原油等の平均仕入れ単価を確認できる資料
    【領収書、納品書の写し等】
  5. 最近1か月の売上原価の総額と原油等の仕入れ総額が確認できる資料
    【試算表の写し、領収書・納品書の写し等】
  6. 最近3か月及び前年同期の3か月の売上・原材料費、製品原価が確認できる資料
    【試算表等の写し】
  7. 委任状(金融機関の担当者が代理で申請する場合)

申請書様式

セーフティネット保証5号(イ) 認定申請書様式 (3か月実績)

様式5−(イ)-(1)、(2)、(3)については、前年との比較のみ

1つの指定業種に属する事業のみを行っている、または、兼業者であって、行っている事業が全て指定業種に属する。

兼業者であって、主たる事業が属する業種(主たる業種)が指定業種に該当する。

兼業者であって、1以上の指定業種(主たる業種かどうかを問わない)に属する事業を行っている。

新型コロナウイルス感染症による緩和様式 (1か月実績と2か月見込み)

様式5−(イ)-(4)、(5)、(6)については、同感染症の影響を受ける直前同期(前々年等)との比較が可能

1つの指定業種に属する事業のみを行っている、または、兼業者であって、行っている事業が全て指定業種に属する。

兼業者であって、主たる事業が属する業種(主たる業種)が指定業種に該当する。

兼業者であって、1以上の指定業種(主たる業種かどうかを問わない)に属する事業を行っている。

業歴3か月以上1年1か月未満の事業者または前年以降の店舗増加等によって 、単純な売上高等の前年比較では認定が困難な事業者

店舗増加等の状況が分かる書類の添付が必要です。詳しくはお問い合わせください。

セーフティネット保証5号(ロ) 認定申請書様式

委任状様式

申請者本人以外の方(金融機関ご担当者)が申請を行う場合、委任状が必要になります。

PDF形式のファイルを御利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

産業経済部 商工振興課
〒376-8501 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:563 ファクシミリ:0277-43-1001
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。