土橋のおかめサクラ

ページ番号1001919  更新日 令和3年3月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:遠くからでもおかめサクラが咲いているのが確認出来る

写真:夜にライトアップされているおかめサクラ


写真:昼間、垂れた枝に薄ピンク色の花が満開の様子

指定年月日
昭和52年3月1日
区分
桐生市指定天然記念物
所在地
新里町鶴ケ谷539
所有者
個人
詳細

大きさ:目通り4メートル、根元回り4.7メートル、樹高9メートル、樹木幅(最大、最小)9メートル

樹齢:約200年

このシダレザクラは、二つの名前をもっている。古くは山上城にゆかりのある“お藤“という人が、ここで花見の宴を催し、あまりの美しさに心酔し、自ら「お藤桜」と名付けたといわれている。また、その後“おかめ“という美しい人にちなんで「おかめ桜」と呼ばれるようになった。
4月の上旬頃には、絢爛(けんらん)たる見事な花が咲く。幹は地上から約3メートルのところで枝分かれし、一方の支幹は枯れてしまいやや勢いを失っている。シダレザクラは、バラ科サクラ属の落葉高木で、サクラの変種といわれ、別名イトザクラとも呼ばれている。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。