藤生沢のお角サクラ

ページ番号1001920  更新日 平成28年3月10日

印刷大きな文字で印刷

写真1:春に満開の花を咲かせているのお角サクラ

写真2:お角サクラ
右から3本目が「お角サクラ」
指定年月日
昭和55年4月11日
区分
市指定天然記念物
所在地

桐生市新里町新川3253

所有者
個人
詳細

大きさ:目通り3.2メートル、根元回り4.5メートル、樹高10メートル、樹木幅(最大)12メートル、(最小)9メートル

樹齢:不詳

当主の角之丞が建久7年(1196)に天満宮を祀り、その記念に植えたものだと伝えられている。そして、娘の“お角”にちなんで「お角桜」というようになったという。また、万延元年(1860)に、桐生の土屋半渓という文人が、絵巻物に「新川村の境、於角桜と唱える樹、新井定石衛門庭先前在之也」と書き記している。
現在のサクラは二代目で、初代のサクラは、昭和23年に枯れ、二代目のサクラはそれ以前に根元から芽吹いていたものである。大正15年の新川郷土資料には、このサクラの周囲が1丈6尺1寸(約4.88メートル)もあり、花見の時期には詩人・墨客(ぼっかく)がきて大いににぎわった、と記されている。4月上旬ころには春爛漫と咲き誇る。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。