関の磨崖仏

ページ番号1001958  更新日 平成28年1月24日

印刷大きな文字で印刷

写真:昼の関の磨崖仏 アップ

写真:夜にライトアップされた磨崖仏


写真:全体を見ると岩をくりぬいて彫られたことが分かる

写真:磨崖仏の手前にも小さな仏像が見られる

指定年月日
昭和47年11月15日
区分
県指定重要文化財
所在地
桐生市新里町関67-1

字関の、鏑木川にかかる不動橋のたもとに、赤城山の泥流によって運ぱれた凝灰質の集塊岩があります。この大きな岩は、高さ128センチメートル、幅80センチメートル、奥行き約80センチメートルの規模で舟形に彫り込まれています。そして、その中は三尊像が刻まれています。三尊像は阿弥陀如を中心に、脇侍として右に観音菩薩、左に勢至菩薩が半肉掘りされています。なお、三尊像は朱塗りの跡がみられます。この磨崖仏は鎌倉時代頃のものと推定されています。 阿弥陀如来は、無限の寿命と何物にも遮られることのない光明をもつ、西方極楽浄土の中心的な仏です。観音菩薩は、正しくは観世音菩薩といって、人々を思いのままに救うことができる仏です。また、勢至菩薩は、智恵第一の菩薩で人々に菩提心を起こさせることができる仏なのです。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。