紺紙金泥虚空蔵菩薩経

ページ番号1001965  更新日 平成28年1月24日

印刷大きな文字で印刷

写真:紺色の和紙に金泥で絵と文字が書かれている巻物

指定年月日
黒保根町上田沢326(医光寺)
区分
県指定重要文化財
所在地
昭和48年8月21日

紺色の紙に金泥で書かれている医光寺所蔵の巻物の教典で、拡げると14メートルもあります。美しい扉絵や文字など、美術的にも価値の高いものです。扉絵は金泥を用い、中央に如来形の座像を台座の上に置き、左右には菩薩形の合掌の像、さらに後ろには2体の僧形の座像が描かれています。文字は8~9世紀頃の縦長に代わり、横幅があり、筆致も唐風の強さよりもむしろ和風のやわらかさを見せ、豊かな美しさが表現されています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。