元宿浄水場接合井

ページ番号1002016  更新日 平成28年1月24日

印刷大きな文字で印刷

接合井は、集水埋管(地下水を集めるための埋設管)から流水する原水をここに集めるとともに、低揚ポンプ給水井を兼ねる機能を持っている。
内径3.5メートル、深さ11.1メートルの規模であり、地上にバルブ開閉機を取り付け、周囲に円形の低い壁を立ち上げる。壁の仕上げを石造り風の目地を付けたモルタル塗りとし、上部に石製の笠木を据えるなど、簡素ながら丁寧なつくりになっている。

登録年月日
平成9年11月5日
所在地
桐生市元宿町14番37号
構造
鉄筋コンクリート造
建築面積
外形3.9メートル
竣工
昭和7年(1932)
元宿浄水場の航空写真
元宿浄水場俯瞰

桐生市水道水源並び浄水場平面図(昭和7年)

写真1
接合井
写真2
接合井

写真3
接合井
写真4
築造中(昭和6年)の接合井と視察中の当局及び
臨時水道委員

写真5
接合井内の集水作業(建設当時)
写真6
接合井内集水管の流水状況(建設当時)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。