旧堀家住宅

ページ番号1013391  更新日 令和3年1月27日

印刷大きな文字で印刷

旧堀家住宅

旧堀家住宅は堀裕織物工場の社主堀裕平の主屋で、桐生駅南の新川橋通りに面した巴町一丁目に所在する。

堀祐平は、明治38年(1905)に堀祐織物工場を創業し、その後の製品開発により画期的な新製品を生み出すことに成功した。その製品は、東南アジア向けの主力輸出織物となり、堀佑織物は活況を呈し、最盛期には大谷石の3連鋸屋根工場、木造大谷石造の切妻屋根工場、寄宿舎などの関連施設があり、数多くの従業員を擁していた。太平洋戦争中は、軍需産業となり織物の操業を停止しせざるを得なかった。戦後になり長女の夫が、操業の地を元宿町に移し堀織物株式会社として再興しが平成17年に操業を停止した。

堀家住宅は近代和風の特徴をもつ住宅で平成20年に洒落たレストラン意改装され現在に至っている。

旧堀家住宅 一覧

名称

構造

規模

年代

登録日

旧堀家住宅主屋

木造平屋建、瓦葺 278平方メートル

昭和2年/平成20年改修

平成27年8月4日

旧堀家住宅蔵

鉄筋コンクリート造2階建、瓦葺

19平方メートル

昭和4年

平成27年8月4日

旧堀家住宅主屋

桐生でも有数な織物工場の経営者の住宅である。木造平家建の純和風住宅の南にアールデコ装飾をもつ洋室、北に鉄筋コンクリート造の蔵をもつ。

写真:旧堀家住宅
旧堀家住宅主屋及び蔵
写真:旧堀家住宅内部
旧堀家住宅主屋内部

旧堀家住宅蔵

主屋玄関北に建つ2階建の蔵で、外観は土蔵風であるが、鉄筋コンクリート造りである。昭和初期の鉄筋コンクリート造建築の一例として貴重である。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。