荻原家住宅

ページ番号1001992  更新日 平成28年1月24日

印刷大きな文字で印刷

写真:建物の外観を駐車場から見た様子

荻原家住宅のある新宿は、渡良瀬川左岸に位置し、敷地は新宿通りに面している、
明治37年刊の「群馬県営業便覧」には「女帯地製造 荻原文三郎」とあり、江戸時代から機織を営んでいたが、本格化するのは土蔵ができた頃の明治10年以降であると伝えられている。現在、機織は廃業している。
工場は境野町に有り新宿の建物は住宅として利用していた。

荻原家住宅は、新宿通りから南側に入った路地の東隅に表門を設け、漆喰塗りの塀が建てられている。表門を入り東に開口する玄関と南側は居間となる。居間の奥は改装され北側から西に屈曲し蔵前座敷、奥座敷となり、北側は土蔵となっている。
全体的には南、北側に廊下が廻る「L」字型で建物に囲まれた南西側は庭となっている。
建物は新宿通りからは望見できないが、南に面する表門と土塀越しに見える土蔵や奥座敷の屋根が往時の景観を彷彿とさせ、桐生織物全盛期の機屋の住居構成を伝える建造物群である。

荻原家住宅 主屋

区分
国登録有形文化財(建造物)
所在地
桐生市新宿2-9-7
構造
木造平屋建、瓦葺
面積
59平方メートル
建築年代
明治10年

写真:主屋の外観

荻原家住宅 土蔵

所在地
桐生市新宿2-9-7
構造
土蔵造2階建、瓦葺
建築面積
35平方メートル
建築年代
明治10年

2つの写真:土蔵背面(北側から望む)、土蔵西面

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。