桐生織物会館旧館

ページ番号1001995  更新日 平成29年3月3日

印刷大きな文字で印刷

写真:桐生織物会館旧館
国登録有形文化財 桐生織物会館旧館(桐生織物記念館)
区分
国登録有形文化財
登録年月日
平成9年5月7日
所在地

桐生市永楽町1184-4(地番表示)

桐生市永楽町5-1(住居表示)

所有者
財団法人桐生織物会館
建築構造
木造二階建タイル張 瓦葺
建築面積
833平方メートル
建築年代
昭和9年(1934)

いち早く昭和恐慌の混乱から立ち直った桐生は、昭和10年前後に織物産業の全盛期を迎えました。この躍進は、大陸に輸出販路を築くのが早かったこと、人絹や絹洋服地などの新製品を創り出したこと、それに加えて西陣も驚くような派手な宣伝などが原動力になりました。そして、この好況期の頂点の時に造られたのが「桐生織物会館」でした。
建物は当時流行していたスクラッチタイル張りの外壁を取り入れ、屋根は青緑色の日本瓦葺としたモダンなものでした。また、好景気に沸く市民がこのスタイルを真似たこともあり、周囲には同じスクラッチタイル張りの事務所や住宅が見られます。
建物自体は、明治の終わり頃から役所や事務所に盛んに使われた背の高い総二階で、上階に大会議室をもつ形式であり、主に織物関係の各組合の事務所が置かれ、まさに桐生織物業界の作戦本部となりました。
建築から70年近い年を経た現在でも、各種事務所や会議室、催事などに利用されています。


ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。