水道山記念館(旧配水事務所)

ページ番号1002015  更新日 平成28年9月6日

印刷大きな文字で印刷

水道山記念館は、配水事務所として建設された建物であり、垂直線を基調とした外観はフランク・ロイド・ライトの影響が見られる。外壁はスクラッチタイル、屋根はスペイン瓦を用い、山荘風のデザインになっている。昭和60年(1985)から61年(1986)にかけて改修工事が行われ、「桐生市水道山記念館」の名称で資料展示室及び会議室として一般開放されている。

登録年月日
平成9年11月5日
所在地
桐生市堤町一丁目5番7号
構造
木造平屋建
建築面積
157平方メートル
竣工
昭和7年(1932)

水道配水場平面図(昭和7年)

写真1
水道山記念館
写真2
旧配水事務所(昭和7年建設当時)

写真3
正面入り口
写真4
配水事務所基礎工事中(正面入り口)

写真5
改修後(昭和60年以降)の内部
写真6
建設当時の配水事務所の内部

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。