関口文治郎の墓

ページ番号1002042  更新日 平成30年5月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:関口文治郎
関口文治郎の墓
指定年月日
平成17年3月31日
区分
桐生市指定重要文化財
所在地
黒保根町上田沢
所有者
関口家

関口文治郎は、享保16年上田沢村沢入に生まれ、彫物師となった。
隣村花輪村の石原吟八郎に師事したが生来の素質もあってか、その上達は師を驚かすものがあり、宝暦2年には師の片腕となって妻沼聖天宮の本殿彫刻を完了した。その後聖天宮の幣殿、秩父の三峯神社、伊那の熱田神社、桐生の天満宮、黒保根の栗生神社等多くの社寺に名作を残した。文化3年に榛名神社を最後の仕事として文化4年に没した。
文治郎の墓は黒保根町上田沢の医光寺にある。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。