鏑木の木造大日如来

ページ番号1002081  更新日 平成28年5月20日

印刷大きな文字で印刷

写真:文化財の場所を示す石標

写真:鏑木の木造大日如来坐像と鏑木の木造虚空蔵菩薩坐像


写真:全体的に金泥が塗られている仏像

写真:欠損もなく端正な顔立ちをしている

指定年月日
昭和55年4月11日
区分
市指定重要文化財
所在地
桐生市新里町新川2376

 木造の坐像で、高さは42センチメートル、頭光には輪光を備えています。目は切れ長で半眼、鼻筋が通り端麗で品位あふれる面相です。肩幅は広く、安定感のある体躯で、肩から膝にかかる衣紋(いもん)は端麗で、左手に日輪、右手に宝剣を持っています。晋通、大日如来は印を結んでいる像が多く、全体に金泥が塗られており、宝冠と瓔珞は金銅製です。台座は、盤石座・敷茄子・蓮弁であるが、普通、如来や菩薩は盤石座にのる例は余りありません。造られた年代は定かでないが、安定感のある端正な造形から江戸時代のものと推定されます。鏑木家の墓地のお堂のなかに安置されています。
 大日如来は、密教の中心仏で梵語の音訳では「摩詞毘盧遮那加釆」といいます。また、釈迦如来は大乗仏教の世界では、法を説くために仮に現世にあらわれた応身仏で、本体は摩詞毘盧遮那加釆であるといいます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。