大梨子の磨崖仏

ページ番号1002075  更新日 平成28年5月24日

印刷大きな文字で印刷

写真:大梨子の磨崖仏

指定年月日
昭和46年10月1日
区分
市指定重要文化財
所在地
桐生市新里町関340

大久保の北爪吉太夫は、度重なる不幸にみまわれたため、一念発起して諸国を旅して歩きました。御仏にすがりながらの、永い巡礼のなかで成道(じょうどう=悟りを開く)した吉太夫は、関の観音山(字大梨子)の大きな岩にむかって一心不乱に仏の姿を刻みました。時は享和年間(1801~1803)のことであった、と伝えられています。
観音山は、国道353号の北にある標高320メートルの丘陵で山頂に吉太夫彫った麿崖仏があります。この岩は、赤城山の泥流によって運ばれてきた安山岩です。岩の両面の中央には千手観世音菩薩(せんじゅかんぜおんぼさつ)、右には不動明王、左には地蔵菩薩が線刻されています。
千手観世音菩薩は、迷い苦しむ人を悟りの彼岸へ渡し、不動明王は、あらゆる障害を焼きつくす、大智の火を発します。地蔵菩薩は、地獄へおちる人を六道で救うのです。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。