旧矢野蔵群(有鄰館)

ページ番号1002915  更新日 平成28年1月24日

印刷大きな文字で印刷

写真:旧矢野蔵群(有鄰館)の外観

指定年月日
平成6年10月14日
所在地
桐生市本町2-6-32
所有者
桐生市
建築構造
煉瓦蔵、土蔵他
敷地面積
3765.30平方メートル
建築年代
天保14年~大正9年
附指定
祠社・楠森神社・稲荷神社
写真
煉瓦蔵内部
写真
味噌・醤油蔵内部

旧矢野蔵群(有鄰館)は、享保2年(1717年)に現在の矢野園の創業者である近江の商人初代矢野久左衛門が来住し、二代目久左衛門が寛延2年(1749年)現在地に店舗を構えて以来、桐生の商業に大きく寄与してきた矢野本店の蔵群です。
この蔵群は酒・醤油・味噌などの醸造業が営まれていたころの建物で、古いものは天保14年(1843年)、敷地内には合計11棟あり、ビール蔵を除いた建物が桐生市指定重要文化財になっております。
同一敷地内に煉瓦造や木造、土蔵造などさまざまな建物が現存する例は桐生市内にも見る事ができず、町並み保存の拠点として活用されています。
なかでも煉瓦蔵は市内最大級の煉瓦造建物であり、有鄰館として活用するための間仕切りや床の張替え等の改修工事が行われていますが、南側入口に設けられたアーチ状の石組や、木造の和小屋組は当初のままとなっています。
その他の蔵も、壁体が土・板・漆喰など異なる景観を持ち、太さや形態が異なる柱などが独特の空間を演出し、コンサートや舞台、ギャラリーなど様々な活用がなされています。

イラスト
明治23年制銅版画

関連情報

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 文化財保護課
〒376-0041 群馬県桐生市織姫町1番1号
電話:0277-46-1111 内線:622 ファクシミリ:0277-46-1109
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。